最新情報

2014年5月14日KIRAL
スマフォゲーム
2014年5月11日学習
ネットビジネス 心得10
2014年5月1日学習
ネットビジネス 心得9
2014年4月30日KIRAL
テレビ
2014年4月26日KIRAL
休憩

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

スマフォゲーム

皆さん、携帯電話、お持ちですよね

ガラケー、ですか、スマフォですか?

最近、TVの宣伝でもやたらと
スマフォ系ゲームの宣伝が増えましたよね。

それをみて始めた人も結構いるんじゃないでしょうか。

パズドラ
ブレイブフロンティア
ぷよぷよ!!クエスト
グランブルーファンタジー
スリングショットブレイブズ


ちょっと宣伝みただけでも結構な種類がありますよね

ゲームをはじめると、攻略情報がほしくなる
っていうのが、ゲーム世代の大人たち。。

ネットが使える人はちょっと検索したりしますよね。

そうするとでてくるのが、お得情報
最近みかけたのだと、課金しないともらえないような
ゲーム上のコインを差し上げますってやつ。

なんで、そんな数なのか、はちょっとなんとも言えませんが、
例えばパズドラでいえば、ラブカストーン?
ブレフロでいば、ダイヤ?
850個プレゼント!

見たことないですか?
それに誘導する人も、掲示板におおいことおおい事・・

何の得があるの?あなた、ってくらい
煽っている人多いんだけど、

それを試した事ある人、いますか?
抽選に当たった人、いますか?

辿っていくと、ポイントサイトに辿りつくんですが、
登録すると、5000円分のポイントがもらえます。
どこのサイトでも、そうです。

お得っぽいでしょ?

そして、そういう850個プレゼントってやつ、
金額にすると、約
50000円分なんですが、
それをGETするためには、いろいろとアプリをインストールしたり、
会員登録したり、難しくはないですが、
ある程度面倒な手順が発生します。

無料アプリのインストールや、会員登録、
月額いくらのところに登録を、
というのもありますから、実施してみたい人は
かまいませんが、
そういうお金のかかるものがあることも
理解してやってくださいね

あ、有料はだめっていう事ではないです。
ごくごく、一般の有料サービスですので、
興味があるならどうぞ。

登録数のノルマはどこのサイトも大体10件ですが
タイミングよければ、有料物をつかわなくても1回の
達成は可能です。

ノルマを達成すると、達成メールを送信するよう、促され、
送信すると、返信メールがとどきます。

達成を確認したので、抽選にエントリします」と。。
ここ「?」ですよね、、

やりはじめた時「850個GET」と言っていたからやったのに、
達成したら「抽選」の上、もらえる?と。。

ね、あやしいでしょう?

でもこれ、抽選にあたればいいじゃないか

とまぁ、考えますよね、
その抽選、どこでどう行われているのか、謎です。

ま、とどのつまりは、抽選に当たりません

複数回線を持っていて、チャレンジ可能な人は
やってみればわかりますが、当たりません。

最終的に、リスト取り、されただけになります。
何のお得もありません。
もし興味のない、月額かかるアイテムに登録しちゃってたら、
それが、損になります。

、、、、、あ。
5000円分のポイントがあるじゃないか?
って思いましたか?

そうですね、確かにありますよね。
このサイトがハピタスのような
きちっとしたサイトならいいんですが、

5000円分あるから、換金すりゃ
5000円もらえそうですよね?
ただね、ここにも巧みな罠があるんですヨ・・・

ポイント還元、換金する最低ライン
っていうのが設定してあって、15000ポイントから、
ってよく書かれています。

定期的に、登録したメールアドレスに
15000ポイントに達するチャンス
という内容のものが届きますが、その時の
ノルマにあがっているもおんは有料物ばかりです。

頑張れば、10000ポイントまではなんとか
辿りつけるかもしれませんが、
実際、15000ポイントなんてたまらないんです。

レートもさがっていき、メリットもすくなくなっていき、
登録地獄に追われることになるかもしれません。。

根気あるんだったら、コツコツ年月かけて
換金ポイントまでもっていってください(笑)

ということで、こういうものも
あまりおススメしたくないんですね。

あ、尚、退会手続きしようとすると、
巧みな「チャンス罠」が沢山、仕掛けられていますので、
惑わされないように、ご注意ねがいます。

最終的にはたまりませんから~

タグ

2014年5月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:KIRAL

ネットビジネス 心得10

誹謗中傷型アフィリエイター

まぁ流行りだした言葉?ですよね。
こういちゃなんですが、
本ブログもぱっと見、それですよね、、、

なんで、このようなカタチのブログが増えているのか、
増え続けているのか、

カラクリは簡単です。
「アフィリエイト無料塾」
ですよ。

無料でノウハウを教えます
確実に稼がせます

を売り文句に、入塾させるんですね。

いえ、まぁ、その取り組み自体は良いとは思いますヨ?
でも、その取り組みの途中の方法が、
こういう誹謗中傷記事を書いて詐欺商材としてたたいていこう
ってなっているんですヨネ・・・

つまりは、騙されているんです。
塾生は「先生」を信じているので、そんな感情も持たずに。。。
真面目に取り組んでいるのがホント馬鹿みたいですよ。

ただね、賛否両論と思います

だって、実際に怪しい商材があるわけでして、
誇大広告もありーの、全くもって嘘っていうのもありーの、、、

100%、そこで学ぶ事が間違っているとも
いいきれないんですね

こういう2面で考えてみてください。

買う奴が悪い
っていうポリシーで作成された商材だったら、
そりゃ、買う奴が悪いでしょう?
見る目がなかったんです

でも、
そんな怪しいものを販売しているのが悪い
っていう考えだったら、
売る方が悪いでしょう?
そもそも売らなかったら、買えないんだし。

どちらも正論じゃないっすか?

警察に捕まったから悪い人のか
警察に捕まる悪い人なのか

イメージは捉え方次第になります。
前者が実は、一般的意見です。
「結果、悪い」なんすね

まぁ、確かに、誹謗文書はいいもんじゃないですよね。

冒頭あたりでいいましたが、
本ブログもその枠、っすよね。
そういう部分、削除してってます。

あ、勘違いしないでください。
おススメはしないですよ?
そういう意味じゃないですから。

そうそう、
この手の中傷アフィリエイターとそれを更に攻撃する
これまた攻撃アフィリエイターの戦い記事って、
見た事ありますか?

こういうのも、戦略なんですが、
目を惹きますよね。

どちらも正論で、文章がうまい方が
なんとなく優勢と感じます。

あなた自身が、どちらの味方をするのかわかりませんが、
どっちも疑ってかかった方が良いですヨ
この記事、私のブログだって疑ってかかりましょう

いいですか?判断するのは、
あなた
なんですから、誰も責任とってくれませんからね。

結構、面白記事ですよね~

客観的にみる姿勢、身に付けておきましょう
傾く人は、騙されやすい体質かもしれません。。

ご注意を。

タグ

2014年5月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:学習

ネットビジネス 心得9

心得っていうのとは、ちょっと違うんですけど
信頼度の高いASPとして、
InfoTopをあげたと思います。

InfoTopでお買いものをしたことがありますか?
または、
InfoTopでアフィリエイトしたことありますか?

どちらも「登録」が必要なんですが、
登録すると、たくさんメールがきます

いわゆるDMってやつ。

信頼度が高くても
売れなかったら存在意味がないんで、
販売推進として、DM飛ぶんですね

ここで注意が必要なんですが、
宣伝としてきたメールに載っている商材

推進商材がいいものなのか

ってところです。

信頼度が高いといったって、
あくまでASPサイトなので、
商材自体に信頼度があるわけではありません。

当然、怪しいものも沢山あります。

DMだって、InfoTopが送っているように見えますが、
登録者、申請者がInfoTopから送っているんですよね。

気をつけたいのが、はまってしまうこと
ですよ。

宣伝や推奨として、メールできたもの、
気になって開いてみることもあるでしょう。

そこのページに、
今がチャンス
とか
期間限定●●名様
とか、
このページを閉じると2度と開けなくなります
だの、

いわゆる「煽り」が入っているページの場合は、
ほぼ、怪しいところ
そう考えましょう!

いいものだったら、煽る必要なんて全くないんですから、
煽る、期間限定にする
ってことは、早く売って逃げよう
そう捉えて良いと思います。

スーパーでの安売りだってそうでしょう?
期限がせまったものや、ギリギリセーフのラインのものを
セールって言って売るじゃないっすか

似たようなもんです。
飛びついた時には、すでに時遅し
だったりね。

ちなみに、
2度と開けない
ってうたっているページ、、

閉じて、開いてみたら、開けましたよ
今のところ、本当に開けなくなったページには
あたったことが無いっす。。

一旦開けない風を装っても、
しばらくしたら開けたり、
ブラウザが異なれば開けたり、

嘘ばっかりっす

ということで、煽るサイトは危険

そう覚えておきましょう!!

タグ

2014年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:学習

このページの先頭へ